キラク写真教室  オンライン写真展

「今だからこそ撮れる写真を」

緊急事態宣言から自粛生活に突入し、悶々と数日を過ごすうち、

こんな時だからこそ

自分と向き合って写真技術や写真表現を深めるチャンス!と思い

“キラク写真教室”のメンバーのみなさんに声をかけ、

オンラインで写真会をすることにしました。

「自粛中なので、自分が動ける範囲の場所で撮影しよう

と、さんぽ写真を提案しました。

結果的にはこの制限がよかったのだと思います。

facebook上に作ったグループには、

毎晩メンバーが撮影した写真がたくさん投稿されました。

5月初旬から6月初旬までの約1ヶ月。

それぞれの身近な世界を捉えた写真たち。

どうぞごゆっくりご覧ください。

キラク写真教室 野口さとこ

 

 

「こころの、め」

杉本 安希子

 

(大阪府/東大阪市)

どうして、そこに?

なぜにそのカタチ?

ならんでるし。

おもしろすぎるでしょ。

.

思えば

カメラを手にする前から

そんなことを

あるくたびに

あたまのなかで

繰り返して

いたのかもしれません。

でもそれは

誰に話すことなく

カタチに残すことなく

消えていく...

.

いま

写真として

切り取ることができる

しあわせ。

.

そんなきもちで

まとめてみました。

.

そして

これからも

こころに

とまったものを

写真に

おさめられますように。

「小さな希望をあつめて」

本島 小緒音

 

(京都府/京都市

上京区、中京区、北区)

まるで時間が止まったような世界。

小さな希望を探しに近所を散策

してみました。

いつもは気づかない足元に。

塀の上に。

橋の下に。

前からそこに当たり前に

あったのでしょう。

小さくて優しい命の色。

偶然その場所に置かれた

ものの存在感。

遊びながら集めた小さな希望を、

アクセサリーのように並べてみると

ほっとする心のコレクションが

できました。

「イノセント・エイジ」

寺田俊秀

(兵庫県/主に西宮市夙川公園付近)

さんぽ撮影をしている間、

幼少期に友達と遊んだ日々を

思い出していました。

数名の男の子達だけで

裏山へ登ったり、

川へ入ったり、

時には街へ出かけたり。

毎日陽が暮れるまで

外で遊んでいた。

カメラなど持っていなかったけど、

そのとき目に焼き付いている光景を、

今この時代に連想させるものを

集めてみました。

タイトルは私が尊敬するシンガーの

故ダン・フォーゲルバーグの

アルバムからの引用です。

「やっぱり猫が好き 猫さんぽ」

k.kaori

(北海道/札幌市)

猫と共にいることが、

猫を愛でながら眺めることが、

猫とぼんやりと日向ぼっこが、

そんなふうに猫と戯れる猫時間が

何より幸せ♡

 

散歩してても、 目線の先に、

何かしらの猫を探してしまいます。

猫っ!を、みつけると

テンションアップ↑↑↑

 

今回はうちの子ばかりですが、

野猫達との遭遇写真や

こんなところに猫模様とか

猫猫猫を、題材にもっと

撮りたいなと思いました。

 

今回のこの機会がないと

カメラの初めの一歩を

踏み出せなかったと思います。

 

ステイホームでしたが

ポジティブに新しい事に

チャレンジできて、 色々な風景を

毎日見れて楽しかったです。

ありがとうございました。

「H・A・T・A・K・E へ 」

櫻井 理恵

(京都府/京都市)

かあさんから写真教室の課題を

スライドされたくま君たち。

「畑まで散歩して気づいたこと報告ね。

途中で歩き疲れたらこの公衆電話から

電話して迎えに来てもらって」

って言われたけど…

 

くまとらとら「電話のかけ方知ってる?」

ぱんくま「平成生まれやし、知らんし」

くまとらとら「じゃ、SOSしよっか?」

 

気づいたことは拾い集めたなら、

枕ないけどOKな寝具がそろいます。

カエル君の方が先に

STAY HOME解除だった。

 

ぱんくま

「かあさんがアートっぽいやつは?って」

くまとらとら

「アートっぽいのは田んぼ鏡とかかな」

 

報告 終わり。

「untitled」

高津 さとし

(兵庫県/明石市)

いつものように

珈琲豆を電動ミルに入れた

カウントしながら

上下にシェイクした

 

いつものように

カメラにバッテリーを入れた

ストラップを首にさげた

 

いつものように

体温を計る

いつものように

マスクをつける

 

いつものように

36.4℃

 

いつものように

小さな旅にでる

 

「住人達の想い」

井上 信治

(京都府京都市/伏見稲荷大社)

コロナ騒ぎですっかり観光客が

来なくなった伏見稲荷大社......

今回は静かなお稲荷さんに

何度も行ってじっくりと撮影

しました。

すると普段見ているのに

見ていなかった住人達が

そこにはいました。

静かになって

「うるさくなくていいや」

と言う顔と、

「人がいなくて寂しいな」

と言う両方の顔がありました。

 

でも僕にはそのどちらの顔も

「やっぱりみんなに来て欲しい。

来てくれるの待ってるよ」

と言っている様な気がしたの

でした。

「Calm~心の旅」

本庄 かおり

(大阪府北摂)

コロナ禍にスマホからカメラに

持ち替えて散歩した。

 

毎日、毎日、歩きながら

写真を撮った。

 

そうしていうるうちに、気づいた。

あ~癒されている...

 

日常から切り離され

落ち着かなかった気持ちは、

ファインダーを覗くうちに

穏やかになっていた。

 

美しいものはたくさんあったが、

私のこころに最も響いたものは、

自然の姿だった。

 

あるがままのその美しさを

なんとか写真におさめようと

無心にシャッターを切っていた。

「サーファーたちの住む街」

渡辺 宏紀

(神奈川県/七里ヶ浜&鵠沼海岸)

中学高校と水泳の授業を

サボっていた私にとって、

サーファーは鬱陶しい

存在だった。

ボードを積んだ車で

渋滞している国道134号

に辟易としていた。

海岸は陸サーファーで

溢れていた。

でも、今のサーファーたち

はちょっと違う。

彼らはサーフィンが好きで

この街に住んでいる。

ボードを片手に抱え、

自転車の脇に乗せて

海にやってくる。

一人で、友人たちと、

ときには親子で波に向かい、

満足気に帰っていく。

今日も良い波に乗れた

という笑顔で。

私は相変わらず泳げないけれど、

その風景は悪くない。

「Thank you」

福野 明美

(大阪府/大阪市)

生まれ故郷に戻った。

 

飛行機と電車の騒音、

ビルやアンテナが絡まった空、

息が詰まりそうな街である。

 

それでも意識を開放すれば、

自分を癒してくれるものが

不思議と見えてくる。

それはたわいのないものだけど……

散歩しながら、そういったものを

撮ってみた。

 

無意識の中で偶然に繋がった

ものは一瞬の一期一会である。

 

一瞬早くても、遅くても

出会えてない。

見せてくれて有難う。

「ダンスする木を探して」

大野 芽生

(愛知県/名古屋市)

ダンスする木があるという。

みんなも探すが見つからない。

 

排水溝から顔出した草が

あっちの方向と教えてくれた。

 

そこで見つけた暗号には

北北東の方向を目指せと。

 

途中で出会った猫に聞くと

橋の向こうにあるという。

あら?あのおじさん

何を見ているんだろう。

まさか……

やっと見つけた!

なんて楽しそうに踊って

るんだろう。

見てる私も楽しくなる。

踊り終わるとその木達は

天に昇って行くそうだ……

© SATOKO NOGUCHI All rights reserved.   当サイト内の画像を含む全てのコンテンツの無断転載を禁じます。